根津神社・諏方神社・東京ゲートブリッジ (2013.11.2)

 同僚のS藤氏が写真に興味を持って、ぼくに薦められるままにEOS-Kiss X5とEF-S 18-55mmF3.5-5.6IS、EF-S 55-250mm F4-5.6ISのダブルズームキットを購入したので、そのレクチャーのために根津神社と東京ゲートブリッジに行くことにした。

 今日の撮影機材はS藤氏に合わせる形でEOS-Kiss X3とEF-S 18-55mmF3.5-5.6IS、EF-S 55-250mm F4-5.6IS。
 つまり、ぼくのはボディがやや古いがほぼ同じような機種であり、かつレンズは2本とも同じものなので、一緒に撮ればS藤氏もわかりやすいだろうというわけだ。

 根津神社に着くと、短いズームでは構図や撮影対象の収め方で主題が変わったり画面全体のイメージががらりと変わることなどを、長いズームでは絞りの使い方と背景のボケの関係、ピントを合わせる場所を変えることで視線をどこへ誘導するか決められることなどをレクチャーした。

 神社をひととおり撮った後、大好きな「根の津」で讃岐うどんを食べたが、その間に雨が落ちてきた。天気予報では晴れ時々曇りだったが、嘘をつかれた格好になった。

 その後は谷中近辺を散歩するつもりだったが、次第に雨脚が強くなり、コンビニで傘を買う羽目になった。
 雨に打たれていても仕方ないので、S藤氏のご好意で自宅にお邪魔し、チャーミングな奥様とともにしばし雑談しているうちに夜になり、雨も上がった。

 ぼくとしてはここで解散してもいいかなと思ったが、S藤氏は「ゲートブリッジに行くんじゃないんですか」と言ってきた。夜景を撮る気満々なのがわかったので、それならと彼のクルマに便乗して若洲公園に向かった。

 道路はさほど混んでおらず、スムーズに到着した。直前まで雨が降っていたため、空中は霧のような細かい水滴が舞っており、橋の上付近はライトに照らされて不思議な情景となっていた。

 S藤氏のリクエストで、夜間の記念写真の撮り方をレクチャー。最近のカメラは夜景モードや夜景ポートレートなどがあるからそれを使ってもいいが、原理がわかっていればマニュアルでももちろん撮れる。人物にはストロボを当てて背景と両方ちょうどいい露出にしなければならないから、スローシャッターとやや弱めのストロボ光を併用する。なぜスローシャッターにするのか、なぜストロボ光をやや弱めにするのかは、解る人にはこれだけで解るのでここでは多くは書かない。

 あまり場所を移動しなかったので似たような写真ばかりを大量生産したが、あえてマニュアルで撮ったりしたので、S藤氏もなんとなく夜間撮影のやり方が解ったんじゃないかなと思ったりしている。一度じゃ無理かな?(笑)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック